大肛門大学|第121講「踏み潰す女性」【1】

夫の片方の足首を捕らえた彼女は、開かせた股の間に自分の足をのせ、夫の二つの玉をその足の裏の下に捕捉し、陰嚢からその玉を上へ追い上げ、恥骨の前まで追い詰め、もうそれ以上は逃げられないというところまで追い詰めた玉を、ズン・ズンと何回も踏み潰したのです。 

一回踏んだ時、卵を踏んだようにグシャリとした手応えがあり、夫が獣のような絶叫をしたので、睾丸が潰れたのだと分かったそうですが、足の裏をこね廻すと、もう一つの玉はまだ丸く逃げ廻っているようだったので、それも足の裏で追い詰めて、いよいよ捕まえて、その足の裏に全体重を込めて踏んでやると、パチンというような音がして、やはり生卵のようにグシャッと潰れたそうです。 

二つの玉を潰された夫は、屠殺所の豚のような物凄い声を出して苦悶し、白眼を剥いてガタガタ震え始め、布団の上に大便と小便を垂れ流し、「ゲー、ゲー」と吐き始めたとのことです。 

http://sniper.jp/008sniper/00871analuniv/1211.html

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2020 金玉潰しマニア | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.
Translate »