大肛門大学|第127講 快感への鍛錬【1】

そうやって足首を制されて逆Yの字に仰向けに地面に伸びたところを、足の裏全体でキンタマを踏むようにして押し上げられ、恥骨の上に寄せられて、もう逃げる余地のなくなったキンタマは柔術者に卵を踏むように潰されるのです。 

押さえ付けて(つまり手や足を逆に決めて逃げられなくしておいて)当て身で倒すのが日本の柔術です。 

SMクラブのS女性の皆さん、キンタマを責めてほしいと言うM男がいたら、逆Yの字に仰臥させて片方(右足)の足首を捕らえて自分の左腋の下に抱き込み、右足で奴のキンタマをゆっくり踏んで、恥骨の上に追い上げて、じんわり圧力を掛けてやりましょう。 

奴の二つの玉は踏まれてさらに奥へ逃れようとして腹壁の中に潜り込みますが、すぐ行き止まりに(袋の中は空に)なります。 

そんな状態になった二つの玉に足をのせて、神社の石段を一つ登るように踏んでやれば、プツンと熟したニキビを潰すような音がして、完全に玉は潰れます。 

SMプレイとして楽しむのであれば、潰してはいけませんから、ゆっくり足の裏で玉を追い詰めて、ジワジワと徐々に足裏に力を加えて、奴の表情を観察しながら責めてやるのです。 

一気に急激に踏めば、呆気なくプチンと貴れますが、玉に弾力性がありますから、ジワジワなら中々潰れないものです。但し、物凄い激痛で腹が硬くカンカンに腫れてきます。 

http://sniper.jp/008sniper/00871analuniv/1271.html

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2020 金玉潰しマニア | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.
Translate »